ProjectCompany

情報セキュリティ基本方針

株式会社プロジェクトカンパニー(以下「当社」といいます。)の事業活動にとって、社内に蓄積された情報は極めて重要な資産であり、厳格な管理体制の構築が不可欠と考えます。業務を通じて収集されたお客様情報その他の当社が取り扱う情報資産について適切な安全対策を講じ、故意や過失という区別に関係なく、改ざん、破壊、漏洩等から保護することを目的に、本情報セキュリティ基本方針を定めます。

当社は、業務を通じて入手・蓄積した各種情報資産を重要資産と位置付け、経営者・従業員及びその他関係者への教育・啓蒙活動を通して、情報資産の機密性・完全性・可用性を守る情報セキュリティ体制を整備し、情報の保護に万全を尽くし、継続的な改善を図ります。

当社の業務に携わる従業員一人ひとりは、日々の業務において、情報セキュリティの責任を強く自覚し、当社の情報資産を有効活用するための管理を徹底し、もって円滑なる企業活動の確保を図ります。万一、情報セキュリティ上の問題が発生した場合、直ちに原因を究明しその被害を最小限にとどめるとともに、事業継続性を確保するよう努力します。

当社のトップマネジメントは、情報セキュリティ管理の重要性を十分に理解し、この情報セキュリティ基本方針を支持し、情報セキュリティの維持及び確保について、全社一丸で取り組む体制を構築するものとします。

株式会社プロジェクトカンパニー
代表取締役社長 土井悠之介